売買手数料

株式投資で、株式の売買取引を行うとき、証券会社に手数料を支払わなければなりません。

 株式投資で、株式の売買取引を行うとき、証券会社に手数料を支払わなければなりません。
こういう手数料は、「株式売買委託手数料」と呼ばれています。株式を買ったときも、株式を売ったときもこういう手数料を払います。以前手数料の金額は、一律で統一されていました。
しかし、1999年の10月に完全解禁として、証券会社が各自で手数料を決めることが出来るようになりました。証券会社では、他社との差別化を量るために、さまざまなサービスを提供しているところもありますし、顧客を繰り返すために、どんどん手数料を安くしているところもあります。
証券会社によっては、口座管理料が必要なところもありますが、ネット証券では、ほとんどのところで口座管理料を無料としています。
 株式投資初心者のうちは、頻繁に株の売買をすることはないかもしれません。
ですから、シンプルなタイプの料金設定をしているネット証券を選ぶことが望ましいと思われます。売買手数料のタイプは、3つのタイプに分かれることが出来ます。
「一斉の売買ごとに手数料が掛かる」タイプ、「売買金額の範囲で手数料が陥る」タイプ、「一部が無料」のタイプに仕切ることが出来ます。小額の売買しか終わる場合は、無料サービスを提供しているネット証券もあります。

キャッシング破産する人の特徴

売買手数料

ネット証券は便利

ネット取引が急増した理由として、便利さや気軽さと共に、売買委託手数料の安さが大きな要因となっていると思われます。

 ネット取引が急増した理由として、便利さや気軽さと共に、売買委託手数料の安さが大きな要因となっていると思われます。
ネット取引では、店舗や人員コストが大幅に削減されますので、手数料を低く設定することが出来るので、従来の証券会社について、売買委託手数料がとても安くなってある。
 ネット取引では、手数料を無料にするネット証券も出てきてある。また、従来の証券会社ですと、口座管理料として、いくらかのお金を払わなければなりませんでした。しかし、ネット証券では、口座管理料が無料のところがほとんどとなっています。
 ネット証券を決める際に、手数料はネット取引において、大きなポイントとなっています。
従来生じる証券会社が行っているネット取引やネット証券も、多少なりとも手広く顧客を確保するために、さまざまなサービスや割安感を渡し、しのぎを削ってある。
 インターネットで株式投資を行うことは、証券会社のセールスマンと話す必要がありません。
株式注文の際に、「そんな質問を通じて恥ずかしい」「株数が少ないから言い辛い」「オモシロ株を買うと思われないだろうか」などと、気にする必要がありません。
誰かの目を気にすることなく、自分の好きな様に売選べるのです。

投資メリットデメリット違い

ネット証券は便利

債券の種類とリスク

利払の方法による分類

利付債
定期的に一定の利息が受け取れる債券。
割引債
利息の支払がない代わりに、額面金額によって低い価格で発行され、償還ときの額面金額で償還浴びる債券。
新規発行かどうかによる分類

新発債
新たに発行される債券。
既発債
すでに発行され、市場で取引されている債券。
円貨か外貨による分類

円建て債券
払い込み、利払、償還が円貨で得る債券。
外貨建て債券
払い込み、利払、償還が外貨で得る債券。
債権の利回り
債権の利回りは、当初の投資額に関する利息および1年あたりの償還差損益の割合をいいます。
債権の利回りには、直接利回り、お客様利回り、最終利回り、所有期限利回りがあります。
債券のリスク
債券のリスクにどのようなものがあるか紹介します。
値動きリスク

値動きリスクは、市場金利の変動によって、債券の価格が変動するリスクのことです。
市場金利が上昇すると、債券価格が下落し、利回りは上昇します。
市場金利が下落するって、債券価格が上昇し、利回りは下落します。
また、市場金利が変化したときの債券値動き幅は、債券の残存期間って表面利率が影響します。
信用リスク

信用リスク(デフォルトリスク、債券不履行リスク)は、債券の元本や利息の支払が遅延したり、その一部または全部が支払われないリスクのことです。
信用リスクの目安として格付けがあります。
格付けは「AAA」や「D」といった記号で表され、格付けの良い(信用リスクが低い)債券ほど債券価格が激しく、利回りが低くなります。また、格付けの低(信用リスクが高い)債券ほど債券価格が安く、利回りが高くなります。
流動性リスク

債券の取引量が少ない場合、債券を途中で売ろうと思ってもすぐに売れなかったり、希望する価格で売れないことがあります。そんなリスクを流動性リスクといいます。
カントリーリスク

カントリーリスクは、その国の政治、経済などの情勢からみた国の信用リスクのことをいいます。

カードローンは返済計画が大切

債券の種類とリスク

FXと株

●FXのメリット
・レバレッジを利用すれば少額も取引チャンスを得られる
個人の場合は、手金の25倍までの取引を行うことができます。たとえば、10万円の手金があれば、250万円までの取引ができるについて。少額も大きな利益を得られるチャンスがあります。

・スワップポイントで利益をねらえる
通貨ごとに金利は異なり、金利差のことをスワップポイントと言います。金利のより高い通貨を買えば、スワップポイントによる利益をねらうことも可能です。

・常時取引できる
為替市場の取引時間は国ごとの標準時間に左右されます。通貨ペアによっては、リアルタイムでいつでも取引することが可能です。

●FXのデメリット
・レバレッジは大きな取引ができる反面損失も大きい
レバレッジは大きな取引ができるという面でメリットがありますが、損が出たら、損失も大きくなってしまう。

・為替や金利は常に変動しておる
為替や金利は一定ではありません。たとえば、スワップポイントで利益を得ていても、金利の変動を通じて、損失が出る可能性もあります。

・ロスカットを通じて思わぬ損失が出ることがある
ロスカットは、手金の一定割合よりも価格が下回ったら、FX会社によって強制的に決済が行われてしまうこと。値動きによっては、思わぬ損失に繋がります。

・FX会社によって約定のしやすさが違う
約定(やくじょう)のしやすさは、意図したタイミングで、現に見た注文価格と同額で注文が確定したかどうかというものです。FX会社によっては、注文を出しても約定できなかったり、実際の注文と違う価格で注文が確定できなかったりすることもあります。

大きな取引ができる反面、約定による思わぬ損失や為替変動などによるリスクには注意したいものです。

株のメリットとデメリット

●株のメリット
・株価上昇によるリターンが期待できる
市場の動向や企業の成長によっては、ものすごく株価が上昇し、上昇した時点で株式を譲る結果、大きなリターンが期待できます。

・持ち株によっては株主優待がいただける
株主優待がある企業では、持ち株や保有年数にてものやサービスなどの株主優待をいただける場合があります。

・配当金が貰える可能性がある
配当金は企業が利益の一部を株主に分配すること。利益があっても必ず配当金があるわけではありませんが、売買だけでなく配当金を通じて利益を得ることも可能です。

・貸株サービス利用で塩漬け株も活用できる
塩漬け株は売却の機会を逃した口座に眠っている株式のこと。貸株サービスがある場合に限られますが、株式を証券会社に貸し出すサービスを利用することで、預株料と言って、リターンを受けることができます。

●株のデメリット
・株価が下がるまたは価値がなくなるリスクがある
流動性のある株式は購入したときよりも株価が下がることがあります。さらに、倒産すれば価値がなくなりますし、上場廃止も売買ができなくなってしまうため、注意が必要です。

・取引時間が決まっている
国内株の市場取引時間は9時から11時半と真昼半から15時だ。取引時間外もネット証券では注文を出すこともできますが、リアルタイムに約定することはできません。

・まとまった額が必要になることがある
証券会社によってはミニ株など少額からとれる株取引もありますが、基本的には銘柄ごとに決められた100株、1,000株などの最低単位数での取引が必要です。たとえば、1株1,000円、最低単位数が100株だとすると少なくとも100,000円の資金が必要になります。

FX同様、株取引も流動的なリスクがありますが、中でも、倒産や上場廃止によるリスクにおいては注意しておく必要があるでしょう。

バイナリーオプションとFX

FXと株

空売りとは

空売りって何?

空売りは、通常の株の取引きとは違い、先に売りから始めます。

も、欠けるものを先に譲るって、
イマイチわかりにくいですよね(^^;

そこで、先に並べることのイメージって、
儲けが出る仕組みを、例えでご紹介します^^

例えば、「車屋A」という車屋さんがあります。
その車屋さんは、人気小型車ヴィットを、
100万円で仕入れて(買値)、120万円で販売していました。

20万円の儲けですね。

普段は、先に仕入れて(買って)、店頭に並べて売っていました。

ところが、ある日こういうヴィットが、売りきれてしまいました。

も、者は翌日も買いにくることが予想されますので、
「売切れだ」といった販売を断った場合、儲けを逃してしまう。

そこで車屋Aは、仲の良い「車屋B」に電話して、
ヴィットの在庫があるか聞きます。

すると、在庫はたっぷりあるよ~と言うので、
車屋Bに、ヴィットを貸してもらうことにしました。

貸出料は、半年で10000円だ。

翌日車屋Aは、まだ仕入れていない(買っていない)ヴィットを、
者に、120万円で売りました。

後日、車屋Bに立て直すため、ヴィットを仕入れよう(買おう)としたところ、
ヴィットの仕入れ値は下がっていて、90万円で仕入れることができました。

そして、車屋Bに、貸出料10000円と共に、
買ったヴィットを返しました。

この時の車屋Aの、ヴィットの儲けは、

120万円(売値)-10000円(貸出料)-90万円(買値)=29万円

となりました。

以上が、

まだ買っていないのに先に並べる、そしてさらに儲かる

という例えでした。

こういう例では、仕入れ値が値下がりしたため、
通常の取引よりも、9万円も数多く利益が出ていますね。

株式も、このように借りてきた株を、先に売ることができます。

そして、これを、空売りといいます。

トレードで使うテクニカル分析手法

空売りとは

新規公開株とは

新規公開株は、「IPO(InitialPublicOffering)銘柄」とも呼ばれている。

 新規公開株は、「IPO(InitialPublicOffering)銘柄」とも呼ばれている。
新しく上場罹る企業の銘柄のことを指している。新規公開株は、大きな成長性を秘めている。上場直後に、公募価格の2~3倍になることもありますので、株式投資の中でも、一大投資方法となっています。新規公開株にとりまして公募価格よりも登ることは珍しいことではないのです。ただし、すべての新規公開株が公募価格の何倍にも跳ねあがるわけではありません。
将来有望な新規公開株を考えるためには、情報をチェックすることが大切です。新規公開株の情報は、証券会社のホームページや投資読み物に掲載されている。
目論見書などの資料にも目を通します。時間や手間を惜しむことなく、情報収集を行うようにしましょう。
 新規公開株を公開まま手に入れるには、どうすればよいでしょうか。
購入するためには、抽選に申し込まなければなりません。その抽選で、当たった人のみ購入することが出来るのです。株数は限られた数しかありません。
その株をめぐって、多くのお客様が抽選に応募するのですから大きな夢を有する一大新規公開株を買い取りは、狭き門となっています。とにかく、まめに抽選に頼むことが、当選への近道となっています。

バイナリーオプション攻略法

新規公開株とは

債権とは

債券は、国や企業などが、ユーザーからお金を借りる(資金調達をする)さいに発行する借用証書のようなものです。
債券には返済期限が決まってあり、利払日には利子を、償還日には元利金の支払いを受けられます。
株式との違い

企業などがお金を揃える目的で発行されるものには債券の他に株式があります。
期限
債券は償還期限があるのに対し、株式にはありません。
売却
債券は途中で解約(償還)することはできませんが、株式は売却できます。ただし、債券は市場へ時価で売却することができます。
利益
債券は償還日に元利金を得ることが国や会社によって約束されていますが、株式は約束されておらず、投資額から価値が下がることがあります。
もちろん債券も企業の倒産などで元利金が戻って欠ける可能性もありますが、株式ほど不安定ではありません。
リスクが少ない分受け取れる利益は比較的少なめだ。

バイナリーオプション

債権とは

債券に関する用語

債権に対する用語の説明だ。
償還期限

返済期限。満期とも言う。
額面

償還時(満期時)に帰る金額。
発行価格

借入金。債券の発行価格は額面100円あたりの価格で表示される。
パー発行
額面と同じ金額で発行される場合。
アンダー・パー発行
95円などの額面によって低い金額で発行される場合。
オーバー・パー発行
105円などの額面より高い金額で発行される場合。

バイナリーオプション

債券に関する用語

売買で注意したいこと

口座に預け入れて要る金額内で株の売買をすることになります。

株式投資を行うのに、ネット証券による場合は、あらかじめお金を口座に預け入れておく必要があります。預け入れてある金額内で株の売買をすることになります。つまり、10万円を口座に預け入れているのならば、11万円の株を買いたくても、お金が足りないので、購入することは出来ないのです。
 オンライントレードを行ううえで注意しなければならないことがあります。
「パソコンの操作ミス」・・・買いといった売りを間違えて入力して仕舞うミスは多くの人が経験あることだと思われます。
売買注文の際には、誰かがチェックして得るわけではありませんので、自分で確認し、期を塗り付けなければなりません。
「過剰取引」・・・株式投資初心者の場合は、よく考えて、株の売買をするのですが、少し慣れが出てくるという、過剰な売買をしてしまう人もある。
場段をクリックするだけで、株の売買が出来てしまいますので、ゲーム感覚にはまる人もいるようです。注意が必要です。
「ウィルス対策」・・・これは、オンライントレードに限ったことではありませんが、インターネットによる場合は、プライバシーの漏洩に気をつけなければなりません。専用のセキュリティーソフトを購入することが好ましいでしょう。

FXバイナリーオプション

売買で注意したいこと