債権とは

債券は、国や企業などが、ユーザーからお金を借りる(資金調達をする)さいに発行する借用証書のようなものです。
債券には返済期限が決まってあり、利払日には利子を、償還日には元利金の支払いを受けられます。
株式との違い

企業などがお金を揃える目的で発行されるものには債券の他に株式があります。
期限
債券は償還期限があるのに対し、株式にはありません。
売却
債券は途中で解約(償還)することはできませんが、株式は売却できます。ただし、債券は市場へ時価で売却することができます。
利益
債券は償還日に元利金を得ることが国や会社によって約束されていますが、株式は約束されておらず、投資額から価値が下がることがあります。
もちろん債券も企業の倒産などで元利金が戻って欠ける可能性もありますが、株式ほど不安定ではありません。
リスクが少ない分受け取れる利益は比較的少なめだ。

バイナリーオプション

債権とは