債券の種類とリスク

利払の方法による分類

利付債
定期的に一定の利息が受け取れる債券。
割引債
利息の支払がない代わりに、額面金額によって低い価格で発行され、償還ときの額面金額で償還浴びる債券。
新規発行かどうかによる分類

新発債
新たに発行される債券。
既発債
すでに発行され、市場で取引されている債券。
円貨か外貨による分類

円建て債券
払い込み、利払、償還が円貨で得る債券。
外貨建て債券
払い込み、利払、償還が外貨で得る債券。
債権の利回り
債権の利回りは、当初の投資額に関する利息および1年あたりの償還差損益の割合をいいます。
債権の利回りには、直接利回り、お客様利回り、最終利回り、所有期限利回りがあります。
債券のリスク
債券のリスクにどのようなものがあるか紹介します。
値動きリスク

値動きリスクは、市場金利の変動によって、債券の価格が変動するリスクのことです。
市場金利が上昇すると、債券価格が下落し、利回りは上昇します。
市場金利が下落するって、債券価格が上昇し、利回りは下落します。
また、市場金利が変化したときの債券値動き幅は、債券の残存期間って表面利率が影響します。
信用リスク

信用リスク(デフォルトリスク、債券不履行リスク)は、債券の元本や利息の支払が遅延したり、その一部または全部が支払われないリスクのことです。
信用リスクの目安として格付けがあります。
格付けは「AAA」や「D」といった記号で表され、格付けの良い(信用リスクが低い)債券ほど債券価格が激しく、利回りが低くなります。また、格付けの低(信用リスクが高い)債券ほど債券価格が安く、利回りが高くなります。
流動性リスク

債券の取引量が少ない場合、債券を途中で売ろうと思ってもすぐに売れなかったり、希望する価格で売れないことがあります。そんなリスクを流動性リスクといいます。
カントリーリスク

カントリーリスクは、その国の政治、経済などの情勢からみた国の信用リスクのことをいいます。

カードローンは返済計画が大切

債券の種類とリスク